「オール沖縄」② それでもなお…

那覇市職労の副委員長の平良昌史さん

https://blog.goo.ne.jp/katarituguokinawa2010/e/23fcaa6a2e6e2f080fffbb0c237e5697

2014年07月26 | 選挙関連

 沖縄のそして日本の未来を決める11月の沖縄県知事選挙、①辺野古新基地建設反対 ②オスプレイ配備反対 などの基本政策を確認し、「翁長雄志」那覇市長を統一候補として、県議会野党側と那覇市議会翁長支持派、県経済界有志そして翁長市長自身も出馬に向けた決意を固めました。

 本土復帰前の1968年、行政主席選挙、立法議員選挙、那覇市長選挙が行われ、革新側が勝利した。米軍政に立ち向かう「島ぐるみ闘争」、その後の「復帰闘争」大きな運動の直々に行われる選挙に、沖縄の革新共闘(社会党・共産党・社大党+労働団体)は、強さを発揮してきました。一致する候補者が選定できなくて共闘が崩壊したこともありました。

 革新共闘は、大田革新県政を最後に無くなりましたが、その精神は今も、脈々と生きています。反自公勢力としてまとまった時期もありました。保守側との政策調整において、革新内部でも数々のジレンマと闘いながら、意見を集約してきました。沖縄における現在の政治勢力は、保守勢力が圧倒しており、革新勢力だけでは1対1の首長選挙や国政選挙は勝てません。無党派層の圧倒的な支持が得られる候補者か保守勢力からも支持が得られる候補者を選出する必要がありました。糸数けいこ参議院議員は前者であり、今回の翁長氏は後者になります。

 保守政治家である翁長氏は、小泉構造改革路線を那覇市役所で実践し、市民から圧倒的な支持がありますが、労働組合側からは反発もあります。それでも、この2年間の翁長氏の基地問題についての政治姿勢を革新側も評価し、大同団結をしています。保革で対立が大きい基地政策が合意されていますので、それ以外の福祉・教育・環境・経済・雇用政策も急ぎ合意しないといけません。新自由主義路線の弊害が顕著に表れている中、その是正をどうするかがカギになると思います。

 私も個人的な葛藤をしつつも、沖縄の未来のために県知事選挙を勝利しないといけませんし、同時に行われる那覇市長選挙についても、全力投球をしていきたいと思います。

 沖縄の未来は、オキナワが決める! 巨大な国家権力に対して、全国の仲間の暖かな支援をよろしくお願いします。(事務局次長 平良)

 

 【ブログ注】那覇市職労も悩ましい課題を抱えてオール沖縄に踏み切ったのですね。しかも、断固として。もちろん、組合員もさまざまな感慨と対応をしたのでしょう。この種の問題は、誰かが決めたからと言って誰もが納得して行動するというものではないことも自明の理です。

 

コロナ後の辺野古 変わる抗議の現場 座り込み参加者は増える

配信

資材搬入のゲート前に座り込む市民と立ち退くよう求める機動隊員=6日午前9時過ぎ、名護市のキャンプ・シュワブゲート前

 

 名護市辺野古の新基地建設を巡り米軍キャンプ・シュワブのゲート前で行われている抗議活動の勢いが続く。12日で工事再開から1カ月が過ぎたが、オール沖縄会議によると、座り込みの参加者は1日平均で延べ123人。工事が中断された今年4月までの3カ月間の平均115人を上回った。現場では新型コロナウイルス対策で、座り込みの市民と機動隊員が互いに接触を避け合う場面も見られるようになっている。 工事再開初日の612日の参加者は延べ175人。7月は毎月第1土曜の「県民大行動」がコロナ対策で中止になったが、以降も13回あるダンプやミキサー車の資材搬入に合わせ、集まった有志が工事反対の声を上げている。 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「工事の再開後、再び人が集まるかを心配していたが、これぞ底力だ。県民の手で勝利を勝ち取るまで声を大きくしていきたい。私たちは政府を追い詰めるあと一歩まで来ている」と力を込める。 工事中断前は、資材搬入時に、機動隊員が座り込んでいる市民の両脇や足を抱えてゲート前から連れ去ったり、いすごと持ち上げて運んだりする「強制排除」が通例だった。 一方で再開後は、機動隊員が市民の前に座り込んで相対し、立ち退くよう一人一人に声を掛けている。最終的に「強制排除」に至ることもあるが、隊員との接触を避けて、自ら立ち上がる市民の姿も見られる。 ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は、基地内でコロナ感染が相次いでいることに「海兵隊の大規模なローテーションがウイルスをばらまいている。キャンプ・シュワブ内で発生するのも時間の問題だ」と懸念を示す。 その上で「護岸や地盤のぜい弱さが明らかになっている。国際社会に訴え続けて行けば一つ一つ必ず解決の道に近づく。ゲート前の運動はその重要な発信拠点だ」と語った。

【ブログ注】日々刻刻、情況は変わっているので、必ずしもいまがこの空気ではない、とのことです。

 

赤松英一の文書録


「大切な人たちとの訣れと新たな挑戦──個人サイトたぶん最後の更新として」を掲載(2020.5.21)


【ブログ注】冒頭部分だけをコピペします。……… ……… ………

 新型コロナウイルス感染防止のため自宅籠りを余儀無くされる日々が続く。この時間を利用して、2012年12月に公開したこの個人サイトのおそらく最後の更新となる記事をアップすることにした。

 なぜ「最後の」更新かと言えば、開設の目的であった「山梨にすみ、ワイン用ブドウ栽培に取り組んから得た友人・知人には、それ以前の僕の生き方・経歴について理解してもらいたい、逆に昔(から)の友人や知人には、現在の僕の仕事や生き方、考えについて理解してもらいたい」という望みが、開設以来の時間の経過とその間における『ブドウと生きる─グレイス栽培クラブの天・地・人』(山本博編、人間と歴史社刊)及び『かつて10・8羽田闘争があった』(10・8山崎博昭プロジェクト編、合同出版刊)の出版によって、ほぼ果たされたと判断するからだ。


 その上で敢えて最後に「更新」する理由の一つは、この2年の間に相次いで永遠の訣れをした、自分の人生にとって大切な人たちへのレクイエムを奏でたいという思いだ。その人たちとは、大学と運動の大先輩・今泉正臣氏(2018年5月25日没)、母親の赤松エツ子(同年9月9日没)、革共同の指導者だった野島三郎こと木下尊唔氏(2019年2月28日没)、中学以来の親友・神尾賢二(2020年2月12日没)の四人だ。

 そしてもう一つの理由は、この5月末で24年余り世話になった中央葡萄酒株式会社を退職する運びになったことと、さらにそのあと個人として「もう一仕事」に挑戦する決意をしたことである。僕の人生にとって最後のひと仕事になるであろう事業について、その成否はともかく、スタートの時点での心構えなりと記しておきたいのである。

当ブログの前回記事は
http://yuigadokuson999.livedoor.blog/archives/316623.html

【ブログ注】初めに
 時たまコメント欄に投稿される O’Hanlonさんとのやり取りが長くなりそうです。
 で、やり取りのコメントをここに移して、再開する予定です。

長い文を書いたのですが、パソコン操作の不調もあり残念ですが時間切れです。

で、とりあえず少し簡単な会話を重ねて行くことにしました。

返事はコメント欄にお願いします。順次、本文に繰り込んでいくつもりです。
 
元の記事はOB/OG会 i荒川「シロ説」が定着?

【以下引用】

5. O'Hanlon
ここ、ちょっと意味がよくわからないのですが。
関西派(再建協、橋本派)は「オール沖縄」を支持し、体制内勢力に転落した、と私も認識しています。

6. 白土

 たぶん O’Hanlon  さんが理解した通りの意味です。
 私も「オール沖縄支持」でした(今でも)。
 選挙でも、投票所に行き、「翁長」と書く、という意味です。
 支持にも「批判的支持」から全面的支持まで広くあるでしょうし、口先だけでの支持から、積極的な選挙運動への参加までそれぞれ幅広いでしょうね。ここでは 2=4の選択肢のうちどれをとるのかということでしょうね。
 「粉砕論」にも同様にありそうです。「体制内」の辺野古から撤収しながら辺野古を語るのも今の中央派のありようですね。
 「体制内への転落」規定も、ちょっと近くにすり寄ったことからあらゆる領域でどっぷりそうなのかまでありそうです。
 私たち中核派は解放派やブント諸派をことあるごとに「反革命」と規定して激しいゲバルト・テロを実行しては再び統一行動を実行することを繰り返してきました。
 「君子豹変」は政治学では「基本的な態度」だと学ぶべきとされていると思いますが、あまりに節操のない、「説明責任」抜きの豹変では狼少年にしかならない。そう思います。
 今や中央派も各地で共産党との「共同行動」を継続している時代です。
 

7. O'Hanlon

「オール沖縄支持」は完全に論外です。
「オール沖縄」は、安保容認・基地容認であり、翁長は那覇市長時代に市職労を弾圧し、知事時代には浦添軍港を推進したことはご存じですね?
2015
年、安倍政権の戦争法案が盛り上がっているときに、翁長は安倍政権と無意味な密室協議をして、安倍政権を助けたことはご存じですね?
翁長は反安保・反基地闘争を終わらせるために知事になったのであり、そのために安倍政権と協力し続けました。そしてそれは玉城現知事も同じです。  

8. O'Hanlon                            

         http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2014/11/f26550402.html
>
今次沖縄県知事選は、1968年の主席公選以来、紆余(うよ)曲折がありながらも「維持」されてきた沖縄革新共闘の最後的崩壊と解体という意味でも歴史的な選挙戦となる。これまでも革新陣営から寝返り転向したやからは数多くいた。彼らはすべて、沖縄の労働者階級の「裏切り者」として断罪され、歴史のくずかごに投げ捨てられてきた。
>
しかし今回沖縄の既成「革新」勢力は、自ら「脱革新共闘」を唱え、「オール沖縄」の名のもとで自民党沖縄県連の元幹事長である翁長(おなが)雄志と手を組んだ。彼らは、民営化・外注化を推し進め那覇市職労破壊に手を染めてきた根っからの新自由主義者である翁長の「イデオロギーではなくて、アイデンティティ」という主張を丸のみして、この階級融和と階級性の解体のスローガンを文字どおり「超党派」で唱和している。そしてこのスローガンこそ1950年代の「島ぐるみ土地闘争」のスローガンであると、沖縄県知事選をかつての「島ぐるみ土地闘争」になぞらえている。この「脱革新共闘」を最先頭で突っ走っているのが日本共産党スターリン主義だ。
>
だが、翁長が島ぐるみ土地闘争の継承者であるかのように自らを押し出すことほど許しがたいことはない。沖縄「革新」共闘の丸ごと総体が、寝返り転向して沖縄の労働者階級の裏切り者に成り下がったのである。そういう意味で戦後の沖縄史の画期をなす事態がわれわれの目の前で進行しているのである。

「1968年の主席公選以来、紆余(うよ)曲折がありながらも「維持」されてきた沖縄革新共闘」に対する評価はともかくとして、「沖縄『革新』共闘の丸ごと総体が、寝返り転向して沖縄の労働者階級の裏切り者に成り下がったのである。」

という認識は正当です。

【以上転載】……… ……… ………


今回は今回は以下から始まります。

9.白土  新しいのはここから……… ……… ………

 悩ましい問題だと思いながら2点にわたって書いておきます。

正直なところ私は当初はとまどいながら、しかしほぼ無条件に翁長支持に踏み切りました。迷う理由はない、と。

そこで以下の中央派の記事について逆質問してみます。

 1点。「翁長は反安保・反基地闘争を終わらせるために知事になった」
      「那覇市職労破壊に手を染めてきた根っからの
新自由主義者
     
  この二つの断定を正しいと思いますか?
 
 翁長氏が政治生命をかけて、最後には生死をかけて「辺野古」にこだわり続けたことをどう思いますか?  何よりも「オール」沖縄の下で熱く燃えた県民の思いに共感しますか?

「終わらせるために」論をふえんすると以下のようになります。

 「主観的には辺野古の一転共闘」に政治生命をかけるにせよ、客観的には「終わらせるために」だ。だから主観的にも「終わらせるために」なのだ。上記のような三段階論法をスターリン主義の得意技にしていたことをご存知ですか?かつての共産党が「トロツキスト」=反革命、帝国主義のスパイ規定していたことをご存知ですか?
 あらかじめ議論を封じる議論、どう思いますか?
 レッテル貼りするだけで良いのでしょうか?
 

「新自由主義」のレッテルで何かを言っていることになると思いますか?(今回は略)
 

 第2点。
 たぶんそんなことかと、私があらかじめ「応えた」ことへの回答を下さい。
 つまり仮に O’Hanlonさんや中央派のいう通りだとして、ではどういう態度をとるのか?という問題です。「寝返り転向した革新共闘」とその下の「労働者階級」と無条件に、かつ全面的に決別するのか?あるいはどういう関係を持つのか?断定しっぱなしで済むのか? 話を戻して、「どんな対応をするのか?」、少しでも応えるよう努めてください。
 今回は省略しましたが、中央派は辺野古県民投票に際しては、最後には参加を呼びかけ、その勝利をたたえました。とはいえその扱いは非常に小さい。そして「ゼネスト情勢」の切迫論です。

 県民投票への参加を「揺れ」「ぶれ」ととらえるのか否か?

 そもそも、あなたは「県民投票に行こう」なのかそれとも中央派も体制内に転落した、論なのか?

 あなたが揺れているのなら、率直にその揺れの経緯を語ってくれませんか?

 


 

沖縄の怒りをゼネストへ 名護市長選 「オール沖縄」の破産示す ...

週刊『前進』02頁(2916号02面02)(2018/02/15)

www.zenshin.org/zh/f-kiji/2018/02/f29160202.html

-






沖縄県知事選 女性・青年の力が佐喜真を打倒 ゼネストで辺野古絶対阻止へ

週刊『前進』02頁(2980号01面03)(2018/10/11)

ゼネスト情勢に入った沖縄 全軍労先頭に実現した全島総決起 今こそ71年を超える闘いに立とう 元基地労働者・水島満久さんに聞く
2018年12月 6日発行 第2996号
(ジャンプできません。各自で検索してください)






基地・戦争とゼネストで闘おう 43万4273人の団結した怒り 今が沖縄の未来切り開く時http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2019/03/f30190101.html


発行日: 2019年3月14日 第3019号 反戦

県民投票の結果に言及したものです。

今回はここまで…

 事態は急速に進展しているようです。ひとまず26CCについて、メモ程度にまとめ、今後は生のコメントや記事で対応することにしました。
  今回は『前進』記事と『試練』から。
 一部、独自のニュースや視点が加わります。

【以下『前進』2020年新年号巻頭論文 抜粋】

⑴7回大会の路線的誤りを克服する道つかんだ26全総

 革共同は昨年9月に開催した26全総において、これまでの党の闘い、とりわけ2015年1月の第7回大会以来の闘いを総括し、そこにはらまれていた重大な路線的誤りをえぐり出し、これを推進した中央指導部(旧政治局)の組織指導の破産を明らかにした。26全総は中央労働者組織委員会の主導のもと、全国の各地区、同盟本部(前進社本社)、青年・学生党員から選出された全国委員が結集し、とりわけ国鉄決戦の先頭に立ってきた現場の同志をはじめとする労働者党員によって終始討論が牽引(けんいん)された。そしてそのような白熱的討論を通して、現代革命に勝利する党の総路線の再確立に向けて新たな一歩を踏み出すとともに、第8回大会までの暫定中央指導体制(清水丈夫議長―秋月丈志書記長)を選出した。

【以上転載】
 


 【諸問題①】3人組が失脚
 
 天田・木崎と坂木の3人組は新政治局員に選出されず、失脚が確定。
 他の旧政治局員も大半が再任されることはなかった。
 新書記長をはじめ暫定執行部は、大きく若返ることになる。
 『試練』では天田元書記長の「メモ=自己批判書」が公開された。切れ切れの、とても「文書」ともいえない。
  資料:天田三紀夫革共同書記長の「謝罪」文

  大会は2020年になりそうだ。

 【諸問題②】秋月丈志暫定書記長
 秋月暫定書記長は、中四国地方委員会の書記長で、中央指導部としての実績は無いか薄い。
 動労千葉の田中委員長は政治局員として継投する。


 【諸問題③】清水議長は残留(略)
 天田氏の「メモ」と並んで議長の自己批判書も出たようだが、それへの公然とした批判もあったという。「暫定執行部として」清水議長も残留した。清水議長の影は薄い。

 【諸問題④】02年?の人事との比較(略)

 【諸問題⑤】「党の労働組合」をめぐっての抗争(略)
 26CCは全国WOBの主導で開かれたとする。これはWOB(労対、常任=専従)ではなく主要現場労働者メンバーの出席する定期的な会議とその出席者たちのこと。
規約上は非正規だが…


 【諸問題⑥】女性差別事件の後継化
 もともとの経緯としては、木崎氏をはじめにした3人組などによる「女性差別事件の隠蔽」を焦点として追及されてきた。その結果、天田書記長を含む3人組が失脚した。その流れの中で政治局員の「全員辞任」という大事件を受けての全国委員総会である。しかしそれらの経緯は急転直下後景化し、労働運動をめぐる路線闘争に集約される結果になった。
 
 【諸問題⑦】過去の分裂や追放劇への振り返りは無し
 06年や07年に遡って起こった関西での「党の革命」や関西派(再建協・橋本派)の追放・分裂への見直しはなさそうだ。その後の幾多の除名・追放・分裂や荒川氏へのスパイ規定も、諸個人・諸グループの造反への見直しもなさそうだ。かけがえのない「有能で大切な労働者党員」に謝罪し、三顧の礼をもって復帰を要請する気配も今のところなさそうだ。
 ましてや00年の白井朗政治局員へのテロとこれを批判した諸人士への謝罪も見えない。
 事態の展開によってはゼロとは断定できないが…


 【諸問題⑧】「暫定」の意味

 人事と基調提起は「賛成多数で採択された」とある。中核派の歴史でこんなことは初めてといっていい。
 その後新年号巻頭論文を除いて、「26CC決定」をたたえたり、「決定に基づいて」などの表現による学習運動や翼賛運動は語られない。決定も人事も事実上不信任にあえいでいる、改めて全党の承認が得られるのか否か、というのが正確なようだ。
 『試練』から。
資料:革共同26全総 議案(前半) の26全総実行委員会・議案起草委員会の項
 
 【諸問題⑨】星野・沖縄ほか 
 群馬君 星野文昭氏の獄死(虐殺)についての振り返りはない。
 首里君 「オール沖縄反対」についても…

今回はここまでにします。
 




「新たな反スターリン主義組織の創造をめざして、二〇一九年初春に、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(探究派)を結成した。」

探究派公式ブログ
https://tankyuka.hatenablog.com/

ブログの開設は2020-07-15 の記事からだが
旗揚げは「二〇一九年初春に、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(探究派)を結成した。」そうだ。

『コロナ危機との闘い』が「綱領的立場」を表わしている、らしい。
アマゾンは下記
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84%E2%80%95%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%AF%9B%E4%B8%80%E3%81%AE%E5%96%B6%E7%82%BA%E3%82%92%E3%81%86%E3%81%91%E3%81%A4%E3%81%8E%E5%8F%8D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AE%E5%86%8D%E8%88%88-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%A2%E6%9B%B8-%E6%9D%BE%E4%BB%A3%E7%A7%80%E6%A8%B9/dp/4910323015


↑このページのトップヘ