謹賀新年と言いたいところですが相変わらずです。

朝日歌壇から
  年頭のあいさつ代わりに、朝日からのコピペにしました。【以下転載】……… ……… ………

 第39回朝日歌壇賞が載っていた。2022年の入選歌から各選者が一首を選んでいる。掲載の順に…

 ★手始めに線量測る畑仕事十二年目の福島の春(須賀川市 近内志津子)
 〔作者のひと言(以下同じ)〕
 野菜が美味しく住みよい福島。震災で一変。今も苦しんでいる現実を知って欲しい。
 原発に頼らない暮らしを願っています。
  ⇒馬場あき子選

  

十亀 (3)★戦争は祈りだけでは止まらない 陽に灼かれつつデモに加わる(東京都 十亀弘史) 
   ウクライナの戦火はは消えず、日本は一気に大軍拡へ。
   しかし、変えることができます。戦争反対の行動を、もっと、です。
   ⇒佐佐木幸綱選〈評〉
          戦争が近づく気配がする今。祈りと行動の差異に光をあてて鋭い。

 ★青森は上空通過のミサイルもウクライナでは通過なぞせず(御所河原市 戸沢大二郎)
   ⇒高野公彦選:

 ★虐待という言葉まだ知らぬ子は「ママごめんね」と餓死をしました(岡山市 牧野恵子)
    虐待された子が飢えて死ぬ寸前に、なんで謝る必要があるのか。
    あまりにも悲惨なので歌を詠まずにはいられませんでした。
    ⇒永田和宏選〈評〉

    誰もが言葉を失う悲惨な現実。だからこそ詠っておかねばならない。
  【以上転載】……… ……… ………
  
 そう。元爆取の十亀氏の作が、昨年の秀作として選ばれている。
祈りと行動の差異」については、70年代初頭に被青同(被爆者青年同盟)が強調した議論を思い出す。
原爆・核と向かい合うことを心に新たにしたことを思い出す。
十亀氏の新しいコラムが『前進』紙上で始まったらしい。
  ま、ひとまずは、話のネタとして…

もう少しおやすみです。

    体調不良が重なって、相変わらず当ブログのお休みが続いています。
    早ければ月末までに一つぐらいは記事を揚げられるかも?
   ただ、「完成形」になるのはまだまだ。ひとまず本稿のように【仮稿】としてゆったり再開を待ちます。

ところで知る人は知るですが「ブログリーダー」の活用をおすすめします。
私の知る限りでは、「個人情報」は保護されていそうなので。
後日また。


記事のコメント欄を参照ください。
29全総 東北地方委員会を除名 新たな分裂の確定 : 『狂おしく悩ましく』 (livedoor.blog) 

『前進』記事を引用する。(一部略)赤字は特に気になること。
末尾に簡単な【ブログ注】を付した。

革共同第29
回全国委員会総会を開催 反帝・反スターリン主義の闘い貫き 中国侵略戦争・世界戦争絶対阻止を - 週刊『前進』 (zenshin.org)

発行日: 2022912 3260 主張/理論

週刊『前進』04頁(32600201)(2022/09/12

 革共同は8月、第29回全国委員会総会を開催した。29全総は、2月の第8回全国大会で選出された全国委員が結集し、全国委員会=党中央委員会と地区・細胞という革共同の党としての基本骨格を、さらにしっかりと打ち固めていく出発点となった。(略)総会での革共同議長・清水丈夫同志、中央労働者組織委員会議長・松丘静司同志の発言の要旨を3面に掲載する。

⑴戦争情勢と29全総の任務

 (略) 帝国主義の危機と中国侵略戦争―世界戦争情勢はいよいよ本格的に激化している。ウクライナ戦争は、アメリカ帝国主義を先頭とする帝国主義各国の軍事支援のもと、ウクライナ全土を戦場化し、人民をとてつもない惨禍にたたき込みながら、世界戦争・核戦争の火種をますます大きくしている。()いまウクライナの、そしてロシアの労働者階級人民が真に求めていることは、この恐るべき殺戮(さつりく)と破壊の戦争の即時停止である。「今すぐ戦争をやめろ!」----これこそがウクライナ人民の叫びだ。
 米帝をはじめとする帝国主義の兵器や資金に全面的に依拠して戦争を長期化・泥沼化させ、ウクライナ人民を地獄の戦場に投げ込み続けること、生活と生産の場を破壊しつくすこと、原発をも戦場としてウクライナばかりかヨーロッパ全土・全世界をも破滅させるような戦争を続けることは、断じて「ウクライナ解放」ではない。

(略)

 

⑵8回大会の路線と方針を原則的に貫き闘った半年間

(略)
革共同第29回全国委員会総会を開催 反帝・反スターリン主義の闘い貫き 中国侵略戦争・世界戦争絶対阻止を - 週刊『前進』 (zenshin.org)
(清水丈夫選集第4巻序文。(略)
 

⑶戦争の階級的本質を暴き米日帝の中国侵略戦争阻め

 帝国主義の末期的危機と矛盾の爆発としての中国侵略戦争の暴露と、中国侵略戦争阻止闘争論の党的・全階級的確立は、われわれの喫緊の課題である。夏季アピール(本紙3255号)第2章で提起した「米帝の対中対決と全帝国主義を動員した中国侵略戦争(中国スターリン主義を帝国主義的に包囲し体制的につぶす戦争)が現代世界の矛盾の爆発、すなわち『新自由主義の大崩壊と戦後世界体制の最後的崩壊』の中心軸に座っている」「ロシア―ウクライナ問題も大きくその中にあるということを明確にすることが労働者階級にとって、決定的に大きな意味をもっている」という確認を、しっかりと全党的討議と実践の土台に据えきることが重要だ。(略)
 だがわれわれは、反帝・反スターリン主義世界革命を完遂する階級的立場から、ウクライナ戦争の本質を「プーチンの戦争」ではなく何よりも「米帝の戦争」として暴露し明確にしてきた。(略)

(レーニン全集第21巻「ヨーロッパ戦争における革命的社会民主主義派の任務」)(略)
 (同「戦争とロシア社会民主党」)
 ここに書かれてあることは何一つ古くない。現代でも基本的に百パーセントあてはまるし、現在の戦争の本質を「容赦なく」暴露し、宣伝・扇動する基準となる。(略)
 中国スターリン主義をたたきつぶす戦争に踏み出したのだ。この中国侵略戦争―世界戦争の中にウクライナ戦争も組み込み、中ロの連合を粉砕しようとしている。そして対中国、対ロシアの戦争・世界戦争に他帝国主義を動員することで、独仏帝や日帝に対する争闘戦を貫徹しているのである。

 

「旧スタ」「残存スタ」

() ここで「残存スターリン主義・中国、旧スターリン主義・ロシアはすでに資本主義化、帝国主義化しているのではないか」というとらえ方について、一言述べておきたい。このとらえ方の根本的な問題性は、それがスターリン主義の問題を「過去の問題」にしてしまっていることにある。旧スターリン主義・ロシアについて言えば、ソ連崩壊から30年以上が過ぎているが、スターリン主義体制下で蓄積された巨大な矛盾(依然として大きな国有経済・国営企業の停滞、それにまとわりつく旧スターリン主義官僚の腐敗と経済の私物化、さらに民族問題など)は、何も解決していない。()だが、このプーチン体制は、スターリン主義とその崩壊が生みだした経済的・社会的危機と矛盾を根本的に解決することは決してできない。資本主義を否定し打倒したロシア革命の反動的疎外物として成立したスターリン主義を根本的にのりこえる道は、歴史をロシア革命以前に「逆転」させること、資本主義(それは「死滅しつつある資本主義」「プロレタリア革命の前夜」としての帝国主義なのだ)に「戻る」ことではなく、反スターリン主義の第二革命・世界革命の貫徹によって歴史を真に「前進させる」こと以外にない。
 世界史は「ロシア革命以前」には戻らない。(
)

国際的団結の拡大を

 中国侵略戦争においては()

 台湾の労働者人民に対しても、いま現にウクライナで起きている事態と同じように、米帝や日帝の軍事的支援や参戦によって台湾の人民が中国スターリン主義から「守られ」「解放される」ことなど絶対にありえないことをはっきりと訴える。()

⑷9・23闘争の決定的意義 ()
⑸EL5派と組織的に決別
日和見主義と非妥協で闘う

【ブログ注】EL5=ELとは東北地方委員会のこと。詳細はこの文末の【ブログ注】を参照

 8回大会は、27全総決定を引き継ぎ、革命情勢を否定し階級的労働運動路線を拒絶したEL5派を「7回大会的空論主義の裏返し」としての「右翼日和見主義」と規定し、その本質を明らかにした。そして27全総決定を拒否し、東北地方委員会において反革命的組織指導を継続する井上に対して除名を決議した。だが井上らEL5派は8回大会の決定も全国委員と政治局の選出も認めないと公言し、まさに「メンシェビキ以下の解党主義・小ブル自由主義の惨状をさらしている」(夏季アピール)。レーニン・ボリシェビキは、()メンシェビキの解党主義について1908年12月協議会で、「ロシア社会民主労働党の現存の組織を解消して、是が非でも、すなわち党の綱領、戦術、伝統をはっきり放棄するという代償をはらってさえも、それを合法性の枠内での無定形の結合体ととりかえようとする、一部の党内インテリゲンツィアの試み」と規定した(レーニン全集第17巻、12年プラハ協議会で再確認)が、これはそのままEL5派にあてはまる。
 大会決定を拒絶する党員・組織が、革共同の構成員・構成組織として認められないのは当然である。EL5派は革共同から逃亡し、脱落していることを全国委員会として確認する。福島で3・11闘争の先頭に立った○人の革命的同志がEL5派と決別し、新たな福島県委員会を結成した。全国委員会は、新生福島県委員会を福島における革共同の唯一の構成組織として確認する。
 革命情勢の否定と階級的労働運動路線の拒絶を出発点とするEL5派の情勢分析は、レーニン帝国主義論の解体であり、「ロシア・プーチンによる侵略戦争」論であり、帝国主義の矛盾の爆発としての中国侵略戦争・世界戦争の否定である。「没落した米帝に中国侵略戦争、世界戦争なんかできっこない」という小ブルジョア的願望を「理論化」し、信念にまで高めているEL5派には、帝国主義打倒・世界プロレタリア革命を貫徹する、自国帝国主義を打倒する実践的立場がないのである。
 EL5派は、()

 全国委員会は、福島に続き早急に宮城県委員会を再建する闘いに着手する。今もEL5派のもとにとどまっている全「党員」に対して、あらためて8回大会の諸決定に従う意思があるか否かを問い、その意思があることを表明した者のみを党員として承認する。
 革命情勢を前にした革共同の2627全総―8回大会的飛躍から脱落・逃亡したEL5派と、3全総路線の実践から逃亡した黒田・カクマルの本質は同じである。(略)

⑹プロレタリア独裁権力をめざす革命党建設の推進を

 世界戦争の開始=革命情勢で、レーニンが提起した革命党の三つの義務、()

 加えて次の組織建設上の諸課題を確認したい。
 ①中央労働者組織委員会建設について。

 ②全国単一党建設に向けた中央指導の強化について。レーニン主義的中央集権の党建設のさらなる前進に向けて、()

 ③女性解放組織委員会(FOB)建設、各地区での女性解放闘争の前進について。新自由主義大崩壊と戦争情勢で女性プロレタリア大衆への極限的矛盾が集中し、自己解放を求める根源的決起が開始され、資本・国家による女性の反動的組織化や戦争動員攻撃も激化している。女性解放=全労働者階級人民のプロレタリア革命への組織化へFOBの任務はますます決定的である。革共同の革命的女性解放闘争の原点の再確立、さらに党中央指導部への女性同志の一層の組織化が絶対に必要である。
 ④戦時下の反弾圧闘争、とりわけ星野闘争と一体の大坂裁判の決定的意義を確認し、1025初公判からの連続的公判闘争に総決起する。
 地区党建設、学生運動の発展、宣伝・扇動の飛躍、国際連帯闘争、党本部の強化、反弾圧闘争、非合法組織のための闘いを保障する財政闘争の推進をかちとる。以上。

------------------------------------------------------------
EL5 2020年1月、東北地方委員会所属の全国委員(当時)5人の連名で出された階級的労働運動路線に反対する文書のこと。21年2月の27全総でその誤りが確認され、撤回すべきことが決定された。

【以上『前進』記事から転載】……… ……… ………

【ブログ注】EL5 文中のELとは「革共同の東北地方委員会」。「5」は「宮城県、福島県、青森県、新潟県、秋田県」などの各県委員会のこと。東北地方委員会を構成する全て。北海道・岩手・山形は単独では不存在。新潟は一般には北陸だが、事情により…
  
併せて「EL5」とは、上記文書を提出したメンバー5人を指す。(左記は訂正部分)

元宮城県委員長のY氏」は「政治局員」に格上げされて「江戸川派」?(2019年末付けで本社へ移動)

その5日後付に下記
東北地方委員会の決議
2 02 015

 : 『狂おしく悩ましく』 (livedoor.blog)参照


旧スタ論では 

当ブログの

8 反スタの終わり 
に少し関係記事がある。藤沢明彦氏の空気感??


この間の OHanloさんのコメント関連をこの記事に集約しました。いくつか(特に私=白土のコメントが)抜けたりしているようですが「技術上」のこととしてご容赦を。

 O’Hanlon  2022/06/05

ウクライナ事態について深く検討すべき問題があると思います。
一部の左翼は、プーチン政権を批判しながらも、ウクライナの政権が西側帝国主義の傀儡政権であるとしてロシア側の勝利を支持しています。
彼らの中には、プーチンの歴史認識への批判はあります。
プーチンが昨年公表した論文(http://www.a-saida.jp/putin/putin.htm)の中で、プーチンはレーニンやボリシェヴィキを反ロシア的だと非難しています。このことからプーチンはロシア大国主義者であるとみなす一定の根拠があります。しかしマルクス主義陣営においても「民族自決権」や「ウクライナ民族」に対する批判があったことは忘れてはなりません。

元記事: ウクライナ軍隊は民衆を守らない
 

O'Hanlon 2022/06/08

ウクライナやベラルーシは本来ロシアの一部だというのは、ロシア民族主義者の主張ではありますが、ロシア共産党の左派やローザ・ルクセンブルクの主張でもあります。
1917
年の10月革命から1922年のソ同盟成立に至る論争史をきちんと研究しておりませんが、ロシア共産党左派も民族自決権に反対であり、またウクライナ民族主義などたわごとに過ぎないと考えていました。
ローザ・ルクセンブルクの有名な『ロシア革命のために』でも、ウクライナが民族であることを明確に否定しています。

元記事: ウクライナ軍隊は民衆を守らない
 

O'Hanlon 2022/07/24

私が「中核派に結集したか強いシンパシーを持」たなかったのは、その東京教育大卒の先生に、「中核派も革マル派もうそつきなんだよ」と教わっていたことも原因です。
1972
年に、早稲田大学で川口大三郎が革マル派にリンチ殺害された事件がありました。革マル派は「中核派の川口大三郎がスパイ活動を行っていた」と主張しました。中核派は「全学連戦士・川口大三郎君の虐殺を弾劾し、反革命カクマルに血の復讐を誓う」という声明を出しました。どちらもうそをついていたことになります。

元記事: O’Hanlonさんとの応答 ② 

【補】上記について 白土

私自身は、「全学連戦士」説を永く信じていました。中核派としての早稲田への登場⇒革マル派との激突も、そんな中での行動でした。(当時は私は神奈川県反戦に所属していました)。しかし、ダイブしてからでしょうね。相次いで公開された親友たちの記録では、全学連戦士説は明らかに否定されています。

それが事実なのだと思います。

ちなみに、前表記は一般的に使用する言葉ではありません。「中核派に大いに共鳴してはいるが、中核派としての選択をしてはいない人。マル学同の同盟員ではない人」というような意味合いなのだと言えるのでしょう。

ただ、どうでしょう?分からないのは、この説はあの早稲田の日々に、どういう意味をもたらしたのか、もたらさなかったのか?

川口大三郎さんは実際に中核派メンバーとの接点を何時から何時まで持ったのか?持たなかったのか?いつ遮断したのか?

当時の中核派早稲田支部や中核派書記局の限られた人しか分からない問題ですね。

といううえで、なおかつ一般論として流してはいけない問題でもあると感じるのです。

誰かこの問いに断片的でも応えてくれる人がいればありがたいです。

 


白土 2022/07/24

今となると当時の諸事情は深掘りできません。それよりは、上記の叙述は革マル派の公式の場での言動をそのまま凝縮したものだということに意味が有ります。
わかってくれるでしょうか?

元記事革マル竹田の回想に基づく78年以降の横国大情勢

 
白土 2022/07/24
O’Hanlonさん 1,2ともにあまりにも立場の違いがはっきりしました。

沖縄独立武装闘争を主張したひととも思えません。
前にも触れましたが、自分のブログで考えをまとめてから、当ブログに投稿し直してください。

元記事: ウクライナ「防衛戦争」と色んな視点 



O'Hanlon 2022/07/30

>沖縄独立武装闘争を主張した
誤解があるようですのでこれだけ。
私は「琉球解放」を主張しています。「独立」ではありません。
「琉球解放」は、琉球独立を論理的に排除していませんが、同じではありません。
たとえば琉球反米反日革命が日本革命の導火線となり、日本琉球社会主義連邦ができるということも想定されます。

元記事: ウクライナ「防衛戦争」と色んな視点 



↑このページのトップヘ