安倍首相は歴代首相の中でも最も日米同盟にそぐわない首相だ。こんどのケリー国務長官、ヘーゲル国防長官の来日を見てつくづくそう思う。今度の2プラス2協議が無意味であったからそう言っているのではない。所詮日米防衛協議など誰がやっても結果は同じだ。めまぐるしく変わる米国の安全保障政策に振り回されて、負担だけを日本が押し付けられるだけで終るのが常だからだ。私が安倍首相が日米同盟になじまない首相だと思うのは、ケリー国務長官とヘーゲル国防長官がそろって千鳥が淵墓苑を訪れて顕花したことを知ったからだ。これは衝撃的な外交事件だ。安倍首相はさぞかし腰を抜かしたことだろう。これは、米国が日本の戦没者を追悼する場所は、安倍首相が言うような靖国神社ではなく、千鳥が淵だと言っているのである。米国のアーリントン墓地に相当するのは靖国ではなく千鳥ヶ淵であると言っているのである。これ以上ない米国の安倍首相に対する警告である。安倍首相は米国の国益に沿わない首相と見なされている。それにも関わらず安倍首相はせっせと対米従属政策を進めようとしている。私が日米同盟にそぐわない首相であると思う理由がそこにある(了)