カテゴリ:☆☆続『狂おしく悩ましく』 > 容中核派や左系など

--- piscatornews@yahoo.co.jp wrote:

TO:皆さま

 「今、憲法を考える会」の通信「ピスカートル」第58号ができました。以下のサイトからダウンロードできます。https://piscator.hatenadiary.org/紙ベースの通信が送られていない方は、住所をご連絡いただければ、送付いたします。ご意見・ご感想などあれば、お寄せ下さい。この通信は転送歓迎です。お友達・お知り合いに、どんどん広めて下さい。よろしくお願い致します

映画『きみが死んだあとで』オフィシャルサイト (kimiga-sinda-atode.com)


クリックすると映像です。

  • www.kimiga-sinda-atode.com

    山﨑博昭が死んだあとで、友だちは、先輩は、同志は、彼の死を生の一部としていかに存在したのか。14人の登場人物も、この一節が決めさせました。もっとも深く山﨑博昭の死を内包して人生を送ってき …

  • https://eiga.com/movie/94500

    2021/02/02 · きみが死んだあとでの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。1967年の第一次羽田闘争で亡くなった18歳の青年を取り巻く人びと ...


  • ドキュメンタリー映画『きみが死んだあとで』応援団募集中
    チラシ配布、ポスター掲示、チケット販売、是非ご協力下さい
    2021年4月より東京・ユーロスペースほかで全国劇場公開される『きみが死んだあとで』。第一次羽田闘争で死んだ一人の若者と残された人々。青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか 。記憶と歴史のはざまで生まれた、伝説の学生運動を3時間20分に圧縮した長編ドキュメンタリーです。本作をより多くの方に観て頂くため、本作を応援して下さる方を募集しております。チラシ配布、ポスター掲示等で是非ご協力頂けると幸いです。
    また、全国の主要劇場で使用できるお得な「全国共通前売券」をご案内しております。本作品を一人でも多くの方にご覧頂くために是非お力をお貸しください。何卒よろしくお願い致します。
    ご協力頂く内容
    チラシ配布、ポスター掲示、チケット買取・販売でご協力頂ける方は、下記メールアドレスまたは住所までご一報下さい。詳細なご案内をお送りしまして、内容ご確認でき次第、すぐに郵送致します。ご不明点ありましたら、下記までお問合せ下さい。
    ◎チラシ(B5サイズ)
    ◎ポスター(B2サイズ)
    ◎前売券(2,000円)
    ※窓口一般2,500円のところ、前売券は2,000円で販売しております。ご精算方法等の詳細はお申し込み後に別途お知らせ致します。

    5

    遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 2017/11/4 300頁 2800円 鹿砦社


    『新たな「仁義なき戦い」を企画する映画監督
    藤山顕一郎さん(72)」
      4月16日(月)の朝日新聞朝刊「ひと」欄から
      【以下引用】

     今年1月、東京都内であった先輩の出版記念会に出席した。集まったのは1960年安保闘争や全共闘運動を闘った当時の学生たち。スクラムを組み、シュプレヒコールを上げていた仲間も孫がいたり、病気を抱えたりしていた。
     「でも、この国は変わったのか。むしろ悪くなっているのでは」
     奄美大島出身の両親のもとに大阪市で生まれた。幼いころから意識した差別の構図。青山学院大に進み、学生運動に参加する。東大安田講堂事件の翌70年、東映京都撮影所に入り、深作欣二監督のもとで「仁義なき戦い」の助監督などを務めた。「人間を暴力に駆り立てる社会に矛盾を訴えたかった」
     43歳で退社し、フリーに。米国で映画プロデューサーになるが、53歳のとき帰国。映画会社を設立し、2007年には憲法9条を守るために立ち上がった学生運動の元闘士らを描いた記録映画「We命尽きるまで」を作った。
     「弾はまだ残っとるがよ」。
     「仁義なき闘い」に出た俳優の故・菅原文太さんが沖縄知事選の応援演説で放った決めぜりふがよみがえる。主な出演者は交渉中だが、関西生コン業界が舞台の抗争事件を題材にした「仁義なき戦い2018」(仮題)の撮影を3月から大阪で始めた。
     「あんたがやらんでどうすんのよ、と文太さんに言われているような気がするんです」
       「文・小泉信一、写真・山本和生」

     【注】ブンドの一派のMLとか?
       斎藤政明氏の出版パーティー…

    先ずは下記のUチューブを視聴のこと。
    上野千鶴子講演「2015年夏、日本は変わったか」
          (10・8山崎博昭プロジェクトでの講演)
         自在に語る内容と語り口が面白い。
      
       下記大阪自由大学の上野千鶴子関連

    ●「もっとも危険な女」
     東京都では図書に「ジェンダー」と「上野千鶴子」の文字が入ると、購入や公開にクレームが入るという。石原慎太郎以来、今日に至る。逆に言えばこの二つを除いた書籍などあるのかとも思う。「男女共同参画」ならいいとか。「女性差別」とか「フェミニズム」「女性解放」などは、グレーゾーン??
     一部の女性運動が抗議運動を起こしたが十分な広がりを得ず、実を結ばなかった。七生養護学校の性教育に対する「度を越した反動」とも通じるが、数人の都議が文化・福祉施設を巡回して、資料をひっくり返しまき散らし、怒鳴り散らす。役人たちは「難を恐れて」自粛し忖度する。「バックラッシュ」の中にある。運動する側も、色んな力を試される今日この頃らしい。
     ここではとりあえず「もっとも危険な女」として知っておきたい。
     
    ●マルクス主義フェミニスト?
     上野さんの著作のどこでだったか?
     マルクス主義とフェミニズムの関係を議論したいと公開討論を求めたが、応じたのは構造改革派の「オールドボリシェビキ」だけだったそうだ。
     彼の議論は「フェミニズムの主張の基本はすでにマルクス主義の体系に含まれている、改めて論ずるものではない」ーーだったそうだ。
     新左翼は呼びかけを無視した。
     古い話だが、私の「現役時代」だ。無念だが分かる気がする。

     「マルクス主義者」はフェミニズムが嫌いなのだ。もしくは、その「日常性」とか「無政府性」の「過ち‣危険」が「党や運動」にとって「災いの種」になりそうだ。
     あらためて思うのだが、「マルクス主義者」ほど「理論」と「思想」と「実践」の断絶・乖離のあるものはない。そしてその乖離を無視したり忘れたりするのも「マルクス主義者」の特徴だ。
     いや、「それはスターリン主義と混同している」という反論も一部にはありそうだ。わたしもそう思う。で、言い換えよう。かつての「新左翼」(旧・新左翼)とはスターリン主義のくびきからほんの少し首を出しただけで「99%スターリン主義」のままを良しとした「新・親・スターリン主義」に止まり、さらに逆行し、そして終わった。「反スタ」を「半スタ」と読み替える人もいる。

     議論を要約すると、3つの方向から新しい批判が聞こえてくる。
     一つは、「元同志」からの声。特に排除された女性戦線の指導層。あるいは「現役」の指導層。ま、これは無視・パスしよう。
     もう一つは、職場や地域でそれなりの運動を自力でやりぬいてきた女性たち。「男の為の女性解放委員会」に怒りを向けてきた人たち。ここでは私の短文は、あまり当を得ていないか掘り下げが不十分だ。

     最後に、「無党派の女性たち」。もちろん男たちも含まれる。もっと共同の議論や行動をしたかった。各地で「団塊の女たち」と触れ合う場ももった。「左翼」=「左翼党派」または「党派の指導層」として議論するあり方は大事ではあるが欠陥だらけだ。

     「党派の一員」から成長して「無党派」になった人々も少なくない。
     「無党派左翼」という概念をもっと大きく大事な概念として育て上げられたらいいなと思う。かつても今も実際には大小の社会運動の基礎や、時には頂点まで築いてきた、…らしい。 

    上野研究室
    女性学

    Women's Action Network(WAN)

    水戸喜世子さんから「一之瀬弁護士」の記事にコメントをもらったので謝礼も込めて。

    当ブログでは「水戸巌氏と中核派の反核

    ご本人のインタビュー記事もある。
    総括としても大事な問題を孕んでいるのでぜひご一読を。

    役に立ちそうなページです。

    JCA-NETの目的

    2011年総会で採択された文書も参照してください。

    JCA-NET は通信NGOとして、APC(進歩的コミュニケーション協会)とともに、世界の APC メンバー40カ国以上のパートナーとの協力により、社会的、環境的、経済的正義、性による差別の克服を求める社会運動を、情報通信技術を使って支援します。

    新しいインターネット時代に

     いま、情報通信の環境は変化しています。そして、情報通信の環境の変化が社会の構造の変化を促す時代がやってこようとしています。その環境は時として暴力的で、集権的で、差別的でもあります。時代に対抗するため、JCA-NETは情報通信技術の民衆的コントロールを通じてインターネット社会の民主化に貢献し、インターネットコミュニティの形成に参画します。
    JCA-NET はインターネット、コンピュータを市民運動の道具として活用していくことを支援する組織がほしい、というNGO、NPO、市民運動団体の人たち、コンピュータ技術者の人たちの声によって生み出されました。
    JCA-NETはインターネットプロバイダでもあります。ユーザーと会員が使いやすい道具を提供することによって、市民社会の強固な基盤づくりのために活動します。

    JCA-NETでできること

    1. JCA-NET は市民団体・グループの情報ツールを提供します
    *Web パブリッシングサーバ、会議室/Web連動メーリングリスト  *独自ドメインも安価で使えます。
    市民運動の声を効果的に発信しよう!
    市民運動団体の活動の中で生まれてきた情報を効果的に、グループ内で、あるいは広報用に効果的に使うことができるシステム。JCA-NET は市民運動に特化していますから、市民運動に関する情報の密度が高い。JCA-NET Search! では中身の濃い全文情報検索が可能です!
    市民運動の活動記録をしっかり蓄積しよう!
    JCA-NET では市民運動の活動記録を残していくためにも、市民運動に関する情報記録に関しては容量制限をかけません。団体名のディレクトリ、独自ドメイン、サブドメインも使えます。
    2. JCA-NET 広報システム
    JCA-NET では効果的に社会に情報発信をするためのメール/Web マガジンを構築しています。  このシステムの活用によって、自分たちの活動を効果的に広げることができます。
    3. サポート、コンピュータ市民講座への取り組み
    JCA-NET では市民運動がコンピュータやインターネットなどの ICT(情報コミュニケーション技術)を効果的に使えるように、出張サポートやコンピュータ・インターネットに関する出張講座などをやっています。自分たちの団体のメンバー対象に要望に沿ったカリキュラムを作ることも可能です。
    プライバシーを守る運用ポリシーとユーザサイドのスキルアップを!
    JCA-NET では、他のプロバイダには見られないプライバシー保護の取り組みをしています。また、ネットワーク時代のプライバシーを守るための技術講座も定期的に開催しています。

    ICTによる社会運動支援とコミュニケーションの権利を!

    関連団体



    日大闘争の記録が数多く出ているようで。以下。

    日 大 全 共

    それぞれの学部もあるようだ。上のブログから飛べる。
    日大全共関連ホームページ目次


    個人の頁もあるようで。
    1968年全共闘だった時代
    1968年9月30日私たちは大衆団交を行い、あれから35年が経過した。
    バリケードに起き、駿河台の敷石を剥ぎ、冷たいアスファルトに座した、私の1968年を振り返る。




    元新左翼著名人のインタビュ^の連載も。
    下はとくに、救援連絡センターの水喜世子さんのインタビュー。

    白井さんと角田さんに対するテロへの弾劾他だけ抽出してみた。
    下線のある部分をクリックすれば飛べます。


    第4号
    2003.1.21 ネット公開のみ
     

    角田富夫さん襲撃事件に関する声明 盗聴法に反対する市民連絡会(転載)

    元中核派白井朗氏と角田富夫氏へのテロ襲撃糾弾(かけはし1月20日号より転載)



    角田富夫さん襲撃事件に関する共同声明 盗聴法に反対する市民連絡会

    11・22集会を巡る攻防戦 スパイ宮崎擁護派高橋亨氏ほか諸氏との論戦記録

    投稿
    2002.8.5¥500

    ダラットへの道 武峪真樹 解放27年後のベトナム訪問記

    第3号
    2002.4.1¥200
     


    声明 ※1984年中核派による第四インターへの襲撃を糾弾する348人声明




    ↑このページのトップヘ