カテゴリ: ☆☆世相さまざま

野球部の想い出① 宝塚歌劇団から

下級生への「締め」ケジメの行事 中学時代の想い出

ジャニーズの性加害や宝塚歌劇団のパワハラなどが話題になっている。

ともにエンタテイナーの世界だし同根とも言える。ただ背景には幾分かの違いもありそうだ。

ここでは私の昔の忘れられない記憶。「縦社会」「上下のケジメ」

 

中学に入ってすぐ、私は野球部に入った。

当時は部活は義務制。運動部か文化部のどちらかに入れと指導された。

ま、実際には名目だけの入部で実際には「帰宅部」という幽霊部員も多かった。

私自身は進んで入った。小学校時代に楽しみにしていた町内会の野球大会が何かの都合で中止にされたこともあって、ぜひともやりたかった。

1学年100人の男子のうちほぼ半分、50人近くが野球部を選んだ。

ただ、数か月もしないうちに大半が辞めて他の運動部に移ってしまった。1年生では10数人が残った。運動神経が良かったり、独立心の比較的強い連中がバスケや水泳や陸上部に行ったようだ。選択肢が広がったのだ。

2-3年生はほぼ10人程度だったから、例年のことのようだった。

1年生は基本、球拾い。練習場もさほど広くも無いから、手が空けば半腰で「ガッチコーゼ」「ナイスバッティング」などと叫ぶのが「練習」。

それに加えてマラソンとダッシュ。立教野球部などに行った先輩たちがしょっちゅう顔を出して締める。腹筋とうさぎ跳びなどが際限なく続く。練習とは苦行か?で、みんな嫌になってしまったのだ。

 

当時の3年生の部長は○○興業の社長の息子。運動神経もずば抜けていたがそれ以上にイタヅラ・やんちゃ坊主だった。

大学の先輩たちの姿が見えると「オーイ!体育館の陰に隠れろ!」などと指令して全員一目散に走ったりした。そして全員無事に逃げおおせたりもした。

この学年は強かった。夏の市内大会には優勝。県大会でも3位に食い込んだ。

その夏の大会が終わって3年生が引退し、2年生がトップになる。

忘れもしない。部室に一人ひとり呼び出されて、後輩への『指導』が始まった。私は何番目かに呼び出された。部室の電気は消されている。2年生たちが暗がりに広がり、囲んでくる。「オメエ、××」「テメエ△△」。雨あられと周り中から罵声・非難の声が飛んでくる。「謝れ」「反省しろ!」

ついには「キサマ、生徒会の役員をいいことにして練習をさぼりやがって」「すこし成績がいいからと言ってでかい面しやがって」

尊敬していた先輩たちから投げつけられた罵詈雑言の数々に、涙が止まらなくなった。泣きながら抗議した。「先輩のみなさん、俺のことを理解して応援してくれているとばっかり思っていたのに、なんで突然そんなことを言うんですか!」。「オレは本当に、一人ひとりに家族のような気持ちでいたのに!」

ワンワン泣きじゃくりながら、抗弁し続けた。

「もう良い、分かったら今後気をつけろ」の一言で帰された。

そして次のメンバーが呼び出された。

 

憤然として帰ってきた同級生もいたし落ち込んでうつ向いていた友もいた。ただ、泣きながら抗弁したのは私だけだったらしい。

それが附中野球部の連綿と続く伝統であり、2年生の天下を確立するための代替わりのシメの儀式だったことはすぐに分かった。
  この学年は市内大会の3位だった。

 ***

その1年後、同じころ、私達も同じ儀式をやることになった。

私もその一員に加わった。新部長が音頭を取り、「外交担当の」主任の私もそれなりの役目を負った。

ただ、今度は同じようには行かなかった。1年生のリーダー格が激しく反発して収拾がつかなくなったのだ。「泣かせろ」「泣くまでやれ」。でも泣かないで抗弁を続ける。「分かった。帰れ」

そして数日後、1年生全員が「退部届」を出してきた。「2年生が卒業するまで、野球部には戻らない!」と宣言したリーダー格の高●たちは、徒党を組んでどこかで自主練を始めたらしい。春になり、新1年が入ってくると、彼らもまた新2年生たちに引き込まれて、すぐに退部してしまった。

 

夏の大会に向かって、新3年生は10人だけで練習する羽目に陥った。私は当初、ピッチャーに指名された。まずは足腰を鍛えろと、マラソンや50メートルダッシュを繰り返す。捕手の平●が付き添ってくれると、残りは8人。バッティング練習も守備練習もままならない。直前には1人が転校して定員ギリギリだった。そしてボロボロのままで市内大会は予想通り緒戦敗退となった。

 

敗退の翌日には、12年生が復帰してのびのびと練習を始めた。あの高●、今でも頭が上がらない。前高時代も同じ高校だったのだろうと思うが、想い出に浮かんでこない。たぶん私のいる所には顔を出さなかったのかもしれない。
  それにしても私自身の記憶では、その後に「号泣」したことも「涙なみだ」になったことも他にない。「泣けない体質」はどこから来たのだろうか?

 

【追伸①】3年生の大会1か月前くらいか?突然、新ショートが開眼した。下手の代表格でやる気のなさを絵に描いたようなグレが、とつぜんファインプレーを続発し続けた。「何が起こっているのか?」。…70歳を超えた同窓会で、積年の疑問をぶつけてみた。「フクが家に来てくれたんだ。話し込んだ。それで…。あいつは俺の命の恩人だ」。ふーん?そんな奇跡のようなことがあるんだ?人間って捨てたものじゃないね。

【追伸⓶】ⓐ野球部を嫌った同級生たち

ⓑ部活を嫌って私営の卓球場に通ったもっちゃん

©少年チームを拒否して自前のチームを作ったカミさん

東国原英夫氏 宝塚歌劇団は「上下関係はたけし軍団より凄い .

「詰める」の使い方は?

締める(シメル)とは? 

    相変わらず当ブログのお休みが続いています。
    早ければ年内までにいくつかの記事を揚げられるかも?
   ただ「完成形」に整えられるのはまだまだ。
 ひとまず本稿のように【仮稿】として思い付きのようなコメントをつけるだけで、お茶を濁します。
 で、ゆったり本格的な再開の可能性を待ちます。
 ともかく、注視したい話が貯まってしまったので…
 で、そろそろと本来私自身がやりたいこと、決着をつけたい諸問題に進んで行けたらな…

 ところで知る人は知るですが「ブログリーダー」の活用をおすすめします。
 記事がアップされたら自動的に情報が届くっていうありがたいしすてむですね。
 私の知る限りでは、「個人情報」は保護されていそうなので。
 後日また。

謹賀新年と言いたいところですが相変わらずです。

朝日歌壇から
  年頭のあいさつ代わりに、朝日からのコピペにしました。【以下転載】……… ……… ………

 第39回朝日歌壇賞が載っていた。2022年の入選歌から各選者が一首を選んでいる。掲載の順に…

 ★手始めに線量測る畑仕事十二年目の福島の春(須賀川市 近内志津子)
 〔作者のひと言(以下同じ)〕
 野菜が美味しく住みよい福島。震災で一変。今も苦しんでいる現実を知って欲しい。
 原発に頼らない暮らしを願っています。
  ⇒馬場あき子選

  

十亀 (3)★戦争は祈りだけでは止まらない 陽に灼かれつつデモに加わる(東京都 十亀弘史) 
   ウクライナの戦火はは消えず、日本は一気に大軍拡へ。
   しかし、変えることができます。戦争反対の行動を、もっと、です。
   ⇒佐佐木幸綱選〈評〉
          戦争が近づく気配がする今。祈りと行動の差異に光をあてて鋭い。

 ★青森は上空通過のミサイルもウクライナでは通過なぞせず(御所河原市 戸沢大二郎)
   ⇒高野公彦選:

 ★虐待という言葉まだ知らぬ子は「ママごめんね」と餓死をしました(岡山市 牧野恵子)
    虐待された子が飢えて死ぬ寸前に、なんで謝る必要があるのか。
    あまりにも悲惨なので歌を詠まずにはいられませんでした。
    ⇒永田和宏選〈評〉

    誰もが言葉を失う悲惨な現実。だからこそ詠っておかねばならない。
  【以上転載】……… ……… ………
  
 そう。元爆取の十亀氏の作が、昨年の秀作として選ばれている。
祈りと行動の差異」については、70年代初頭に被青同(被爆者青年同盟)が強調した議論を思い出す。
原爆・核と向かい合うことを心に新たにしたことを思い出す。
十亀氏の新しいコラムが『前進』紙上で始まったらしい。
  ま、ひとまずは、話のネタとして…

もう少しおやすみです。

①②は2件とも「日本労働組合評議会」が支援しているようです。

①リムジンタクシーの解雇と団交開始
   NHKのニュース 新型コロナで業績悪化 タクシー会社が約600人解雇へ
       東京
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012375941000.html
   団交開始の記事は下記の a,b,cを参照

②国際自動車の「残業不払い」での最高裁勝訴
   a.日本労働組合評議会
     https://www.rouhyo.org/news/1462/
   b.暁法律事務所
     https://www.ak-law.org/news/2745/
   c.首都圏なかまユニオン
     https://www.facebook.com/Snakamaunion/

③中央タクシーが営業所を閉鎖 /  コロナ解雇を撤回しろ
   群馬合同労組執行委員長 清水彰二
     『前進』 http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2020/04/f31270203.html

④太陽自動車の50%休業計画
   元同僚からの知らせです。私が20年弱勤めた会社で一時は組合役員もしていました。
  「太陽自動車の方は、今日(4月16日?)から7月までの3ヶ月50%休業に。隔日勤務だと12出番中の6出番出勤で残りの6出番が休業補償。日勤だと12日出勤、12日休業補償です(1月~3月までの売り上げ平均給与の70%)。
 ですが会社的にはこの3ヶ月が精一杯だと思うのですが」
 「五年前に、HK グループ(北海道交運、北海道全域の最大手で太陽の親会社)も経営が危うくなり、三井住友銀行に相談しkmの無線・チケットの傘下になったのですが。何とか少しずつ回復しつつあるところに。コロナウィルスパンデミック…」
 私が属していた自交総連・太陽は事実上、消滅。争議好き、裁判好きのリーダーに翻弄された結果…

【補足】

NHKの特設サイトは日々?更新されているようで、ニュースやデータ、相談など使えるサイトのようですね。

2020-05-06

⑤グリーンキャブの休業計画
 50%休業。9月まで、63%。年齢による違いの設定など。労使協議の結果とのこと。
  自交総連
   http://www.jikosoren.jp/

★参考までに
   特設サイト 新型コロナウイルス 「こんなときはどんな支援が?」 助成金や補助金の情報|NHK
            https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/management/?tab=1

コロナマスク 相変わらずブログ作業が進みません。
 まだ休み休み。少しづつ進めれば、それがベターというところでしょうか?
 
 徒然に手製マスクをつくってみました。
 「アベノマスク」は「不評」の域を超えるようですね。
 これがこのコロナ渦での「指令塔」の実態と言えるか、いやそれ以上に「指令塔」への不信を決定的にする一連の流れでした。
 
 人びとは自分の信ずる方法で「情報」を求め、それぞれで判断して動く…。そうして生きて、次へと進む。
 「津波てんでんこ」に改めて学ぶことがありそうです。

 通勤や職場で感染し、家にいる高齢者や幼子に発症させる。「どうにかして」のごまめの歯ぎしりが呟きからややがては悲鳴となり、大小多くの小川が生まれ、やがては大きな川となる?けれど、さまざまな形や色をもつこのせせらぎを一つの鋳型に流し込むなどという大それた幻覚とは距離を置くのが無難でしょうね。
 日本ではクルーズ船で早くから危機が訪れながら、無為無策で今を迎えてしまいました。オリンピックと嫌韓が…。同時にその割には、爆発的な拡大防止・まん延は他国に比べて意外と遅かった。
 社会では色んな人々がそれぞれ色んな生活や思いを抱えて生きています。それぞれの姿が時に形を表わしてくる。「みんな同じ」などということはありえない。
 経済・労働・生活は「多様性」の相互作用の中で停まることのない生き物ですね。

 最後に安倍政治に「政治休戦」はなさそうです。
 沖縄・辺野古や関西生コン、検察官定年問題の強行や与野党協議の事実上の拒絶など、…。鳴り物入りで発動した「緊急事態宣言」も今のところは張子の虎。「経済優先」が足かせでしょうか?

 そうそう、こんな時でも別の災害は休みにならない。そして大気は澄んで温暖化が一息ついているそうで…。このコロナ渦がいつどういう形で終息するのか?
 人の心も世代世代で大きく変わりそうです。カミュの『ペスト』が話題になっているとか…。「ウィルスとの共生」が語られている。
 私は今、『ソウルの市民民主主義』を読んでいます。薄い本ですが少しづつ読んでは休んで、なかなか終わりません。
 

私の元相棒。ハムスターのジャンジャンです。
立派な手乗りになったのですが、

bb717c74.jpg







炬燵やテーブルに乗せると、ずるずると滑って落ちるのが好きで…
好物の人参とある日油断して窓を少し開けた隙間から脱走して行方不明になってしまった。

082たぶんベランダから隣りの隣りのベランダを通り抜けて、最後は樋を伝って地上に降りて帰れなくなったのでしょう。

それまでは私が帰ると物陰からチョロチョロと顔を出して、まとわりついていたのに…

普通、ハムスターは「人に馴れない」のだそうですが、いろんないたづらをして遊んだので、ほんとに懐いてくれたのに…。やはりペットは生活の糧でしたね。





 財務省の事務次官による「セクハラ」報道を見ていて、思い出すのは、日々の仕事での出来事の数々。仕事上、対応に窮する現場に居合わせられる。我ながら歯切れの悪い対応が自己嫌悪にもつながるが、社会の動きと職業上の制約との中で色んな工夫を駆使できる「準備」や「応用力」も必要だと痛感する。

 今回は、かつての「職場でのセクハラ告発」を漫画にしたものです。
 告発を受けた女性同僚の話を再現して作ったもの。
 経緯と結果は思わしいものにはならなかった…。

イメージ 1



































【注】ここで言う「営業」とは会社の職制上「営業部」の内勤者と「営業部」のこと。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
【注】「近セン」。「タクシー近代化センター」。乗客などのクレームを受け付け、乗務員や会社の処分や「ランク付け」などに関わる官民の第3セクター。天下りの場所でもある。「タクシーセンター(タクセン)」に名称変更。東京23区だけ?

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


【注】10年以上前の作品ですが、内容もそう古くないと思います。一分の表現はご容赦ください。

 組合のトップは、争議大好き人間・「争議いのち」でパワーに満ちた人間でした。「元べ平連」という定時制高校出身のたたき上げ。役員になるために形ばかりは「共産党員」。
 
後日だんだん分かってきたことですが、人を信じない、仲間や家族への猜疑心の強い人でもありました。数こそ少ないが、どこにもいる「有能・力に満ちた」1人。

 当初はアクティブに会社を攻撃したのだけれど、この漫画をばらまくことには「損害賠償を請求されるかも」とビビッてしまった。「被害者の証言を取るために」「(被害女性本人を飛び越して)夫と直接面談しよう」と言い出した時点で私は彼に「ストップ」をかけました。
 相談された組合の女性役員に判断と方針の最終確認の権限を譲るように提案しました。「トップは最後は彼女の判断に従え。被害者側との応対は女性に任せよ」と。
 その時点で、組合としての取り組みは終わってしまいました。

 彼の姿は、攻撃には強いが守りの側には弱い典型でもありました。
 加害者がクビになったのは数年後。全くの別件でした。
 告発者側に立った職員は後日、予定通り、会社のトップになりました。

 【追】私自身の「セクハラ」問題はここでは不問にさせて頂きます。

【注】画像の記事を読むには、[表示(V)⇒拡大]よりも、記事部分を左クリックして[拡大]のほうがきれいな画面が出てくるようです。アエラの記事を読むなら、先ずはこの下をクリックです。
イメージ 1

イメージ 2



『狂おしく』【注】
思い出した。私のブログから。

カルメンマキの「時には母のない子のように」もあった。
 1969年2月21日発売、とある。ただしこの歌は、結末が少し違う。

「人間解放」とは何だったろうか?
 「実存」…。

一部補足と削除…。

今回は「転載不可」です。あしからず。









知り合いからもらった案内状です。
浦和駅東口から徒歩1分 浦和PARCO10階

イメージ 1

ちょっと一息入れてお茶を飲んでから読んで欲しい…
  

  




イメージ 1
写真は右から末井昭、尾野真千子、柄本佑、前田敦子など

【以下映画紹介の引用(上映中)】
http://dynamitemovie.jp/img/sp/h1_logo-main.png
母親が隣家の若い男とダイナマイト心中! という、まるで噓のような実体験をもつ稀代の雑誌編集者・末井昭が綴り、1982年に刊行されて以来、時代を超え、さまざまな出版社から文庫化され、版を重ねている自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が、ついに映画化された。

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年が、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、周囲から爪弾きにされ、医者にまで見放された母親が、山中で隣家のひとり息子と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。父親と弟と自分を残して……。

その後、都会に憧れ、大阪の町工場に集団就職したが軍隊のような労働環境に絶望し、上京。キャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、小さなエロ雑誌の出版社へ。


編集長として新感覚のエロ雑誌、立て!男のエキサイトマガジン「NEW self」を創刊。
読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々のなかで荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎、田中小実昌、秋山祐徳太子、平岡正明ら、錚々たる表現者たちが参集する。

「NEW self」が発禁処分により廃刊となると末井は懲りずに映画雑誌の皮をかぶったエロ雑誌「ウイークエンド・スーパー」を創刊。以降も警察とのいたちごっこを繰り返し、同誌が廃刊となると今度は「写真時代」を創刊。既存の写真雑誌が排除するような“スゴイ写真”ばかり載せることをモットーに生まれたこの雑誌は、やがて35万部まで発行部数を伸ばす。異端が大ヒットし、時代をつくったのだ。
                       
そんなエキサイティングな人生を激しく、しかし飄々と歩む末井青年に扮するのは、抜群の演技力で日本映画界から信頼され愛される俳優、柄本佑18歳から40歳までの主人公の浮き沈みを、60年代からバブル期までの時代の空気を色濃く感じさせながら演じきり、原作者の末井本人からも「他人の気がしない」とお墨付きを得た。そして、末井を翻弄するファムファタールたちを演じる女優陣も実力派揃いだ。

妻・牧子に前田敦子。時代の流れに合わせた衣裳を身にまとい、心の変化を鮮やかに演じわける。不倫相手の笛子に三浦透子。迫真の演技で恋愛の奈落を表現、スクリーンに瑞々しい肢体をさらす。
そして、母・富子に尾野真千子。母性と妖艶さ、女のふたつの貌を見事に演じきる。その他、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」への出演で、俳優としてもますます注目されるミュージシャンの峯田和伸(銀杏BOYZ)、名バイプレイヤーとして数々の名作を支えてきた嶋田久作、松重豊、村上淳、さらに期待の若手俳優の中島歩、落合モトキらがキャストに名を連ね、末井をとりまく人間模様に彩りを添える。                            


末井昭氏の紹介
ウィキペディア

「さいばらりえこのまあじゃんほうろうき」にも登場とか


【『狂おしく』注】
映画は「R15」指定。本もある。
「R15は中学生以下はだめ、ということ。エロよりも、母親のダイナマイト自殺=臨家の息子との心中のほうがひっかかった??」

朝日デジタルでは写真だけ

週刊アエラから「俳優・尾野真千子*編集者、作家・末井昭対談」
これは有料。

当ブログの「行動隊」の日大芸闘委の数行も「時代の共有」として少しは参照に??

スエイドンはマル共連(共産趣味者)の「おおごしょ」でもある。(らしい。二人のスエイドンが同一なのか、確定できないが…)

当ブログがネットで検索システム上位に上がる過程でもマル共連と「スエイドン」にずいぶんとお世話になった。

↑このページのトップヘ